低価格で解決をする

beautiful

フィラリアは蚊に刺されることで感染します。犬の体内に入り込んだフィラリアの幼虫は2〜3か月をかけて体長13センチ前後の成虫へと成長を遂げます。成長した成虫は、犬の体内で卵を産み、数を増やしていきます。成虫の数が少なかったり、住み着いた場所によっては大きな症状が現れない場合があります。その一方で、心臓に寄生されると咳をはじめとして、呼吸困難や食欲不振、腹水がたまるなどの症状に悩まされます。そんなフィラリアを予防するためには経口摂取の薬や皮膚に垂らすタイプ、注射があります。経口摂取の薬では錠剤のほか、お肉タイプのものもあります。これらは動物病院で提供されるサービスです。また、経口摂取の薬や皮膚に垂らすタイプは個人輸入でも手に入れることができます。これらは動物病院でもらうよりも安価なため注目が集まっています。

個人輸入で薬を購入する際は、あくまで飼い主が自分の責任において薬を購入・使用することになります。そのため、薬の購入にあたっては、しっかりと選ぶことが大切です。用法や用量を守らないと愛犬を危険にさらすことにもなりかねません。服用する間隔や量などをよく確認しておくと良いでしょう。また、複数の個人輸入代行業者があるため、複数のショップを比較してみるのも良いでしょう。輸入元や薬の成分の安全性については、ショップごとに違いがあります。愛犬の健康を守るためには、より安全性の高いものを選ぶ必要があります。フィラリアの予防薬はフィラリアにすでに感染してしまっている場合は、使用できません。そのため使用する前に、感染していないことを確認することも大切です。